交通事故問題

交通事故についてのお悩み

  • 保険会社から提示された金額に満足できない
  • 治療費の支払いが、あと1カ月で終わると言われた
  • 交通事故で負った肩や腰の痛みが、なかなか治らない

弁護士に依頼するメリット

保険会社の提示条件を裁判基準に照らし合わせ、ご依頼者が有利となるよう働きかけます。過去の経験からすると、ほとんどのケースで加増が認められているようです。金額に限らず、過失割合のご相談も、遠慮なくお声がけください。また、後遺障害の申請が必要となった場合、いままでの通院方法や内容が問われます。最初から弁護士のアドバイスを受け、万が一の事態に備えてはいかがでしょうか。

交通事故に遭った場合の対処について

事故後、しばらくして症状が現れたり、重篤化する場合がありますので、『医師の診察は、必ず受けるようにしてください。後で痛みなどが生じた場合、ある程度の間隔が空いていると、事故との関連性を疑われるかもしれません。このような役に立つ助言をいたしますので、特に問題を感じなかったとしても、事故直後にご一報いただいてはいかがでしょうか。事態が煮詰まってからでは、取り得る手段が限られてしまうでしょう。

示談交渉について

保険会社との交渉は、自分で行おうとせず、専門家にお任せください。弁護士なら、裁判になった場合の具体的な根拠を示せますので、対応がおのずと違ってくるでしょう。また、治療費の打ち切りや後遺障害の認定を巡る場面では、担当医と話し合いの場を持ち、有力な材料を確保していきます。

調停・訴訟について

示談交渉をしてもまとまらない場合は、法的手続きを検討します。特に過失割合でもめている場合は、損害金の計算根拠が固まりませんので、時間ばかりが浪費されてしまうでしょう。事実関係に争いがある場合も同様です。ADRのように手続きが簡素な解決機関もございますので、ぜひ検討してみてください。

ケーススタディ

ご相談内容 治療費の支払いを6カ月間受けられると聞いていましたが、期日が迫ってきても、まだ痛みが残っています。あきらめるしかないのでしょうか。
無料相談の対応 2通りの選択肢が考えられます。症状が回復しているのであれば、「治療を受け続ける必要がある」と考えられますので、支払いの延長を交渉してみましょう。一進一退の状態を繰り返しているのなら、後遺障害の申請を検討します。
正式依頼の結果 医師に判断を仰いだところ「まだ、回復途中」とのことでしたので、保険会社に対して診断書を提出した結果、引き続き治療費の支払いが認められました。
ワンポイントアドバイス 弁護士費用が心配な方は、保険商品に「弁護士特約」が付帯されていないか確認してみてください。費用負担を免れることができるでしょう。

良くある交通事故問題についてのご質問

Q

整骨院で治療した場合、治療費が支払われないと聞いたのですが?

A

「治療」ではなく、いわゆる「健康増進」と評価される場合があります。しかし、医師の指示や判断があれば、問題ありません。まずは「医院」を受診し、担当医に希望を申し出てみてはいかがでしょうか。なお、仮に医師の指示がなかったとしても、受傷の内容や治療経過などに照らして有効かつ相当な範囲のものであれば、認められる場合もあります。

Q

医院から「健康保険が使えない」と言われましたが、自費で続けるしかないのでしょうか。

A

治療費は本来、加害者が負担しますので、他人である被害者の保険をそのまま適用することはできないのです。このような場合、「第三者行為による傷病届」を提出すれば、保険診療に切り替わります。なお、忘れずに領収書を保管し、治療費を請求するようにしてください。

可能な限り話し合いで進め、
なるべく早く解決いたします。

  • 03-6261-6696 受付時間 10:00~17:00 定休日 土日祝
  • bnr_tel_sp.jpg
  • メールでのお問い合わせ 何でもお気軽にご相談くださいメールでのお問い合わせ 何でもお気軽にご相談ください
メールでのお問い合わせ 電話番号:03-6261-6696